火博体育平台_火博体育官网登录_线上游戏平台~

图片

ページの本文です。

2021年度 お茶の水女子大学 国際教育センター主催オンライン公開講演会 「日本語教師のためのCLIL入門 ―理論と実践―」

2021年10月4日更新

第二言語習得研究、日本語教育学の専門の奥野由紀子先生をお招きし、オンライン公開講演会を開催します。ぜひご参加ください。

2021年度 お茶の水女子大学 国際教育センター主催オンライン公開講演会 概要
日時

2021年10/22(金)10:40?12:10

参加方法 Zoom(URLは後日メールでお知らせ予定)
講師

奥野由紀子先生(東京都立大学 人文科学研究科?教授)

言語

日本語

対象

本学学部生?大学院生(全員)、教員  *参加無料

申込

10月20日(水)までに「公開講演会の申し込み」を件名にし、

(1)氏名(ふりがな)(2)所属?学年(3)電話番号(4)Emailを記載の上、

下記の連絡先にメールでお申し込み下さい。

申込み?お問合せ先

国際教育センター
E-mail:global-kyoumu@cc.ocha.ac.jp

TEL:03-5978-5965 

【講演要旨】

近年,日本語教育において内容言語統合型学習(Content and Language Integrated Learning,以下CLIL)による授業実践が行われるようになってきた。CLILとは,特定の教科やテーマを学ぶことにより,内容理解と目標言語の習得,学習スキル,思考力の向上を同時に実現しようとする教育アプローチである。CLILは,1990年代に言語と文化の多様性の保全, 社会的不安解消,平和構築の必要性などを背景としてヨーロッパで生まれ,現在は様々な国や地域で実践が蓄積されつつある。
本講演ではCLILの理論と日本語教育におけるCLILの実践について紹介する。CLILの内容(Content),言語(Communication),思考(Cognition),協学/異文化理解(Community/Culture)という4つの概念(4C)を有機的に結び付けながら,どのような授業が可能か,またどのような足場かけができるか,考えるきっかけとしたい。