火博体育平台_火博体育官网登录_线上游戏平台~

图片

ページの本文です。

新年のご挨拶 ~ 2021年を迎えて

2021年1月4日更新

皆さま、明けましておめでとうございます。
2021年の年頭に当たり、謹んで新年のご挨拶を申し上げます。

火博体育平台,火博体育官网登录の感染が地球規模で拡大する中で、新しい年を迎えることになりました。世界中で、多くの人々が生存の危機と生活の困難に直面している現状で、昨年末には、東京都で1,337人、日本全国で4,520人の感染者を数え、今後暫く減少する気配を見せません。今年も、昨年に引き続いて、対策に追われる一年になろうかと思いますが、皆さまには、ご自分自身とご家族を守り、また周囲の大切な方々を守りながら、健やかな日々を過ごして頂きたく思います。そのために、皆さまお一人お一人が、火博体育平台,火博体育官网登录の感染防止や拡大阻止のためにできることを今一度確認して、コロナ禍を共に乗り越えて頂きたいと願っています。
先行きの見えない日々ですが、こんな日々であるからこそ、正しい情報を的確にとらえること、そして、現在と将来のご自分と社会のありようを俯瞰的に眺め、主体的に考え判断して、行動することを忘れないで下さい。また、医療分野をはじめ、各関係分野で懸命なご努力を続けていらっしゃる方々への心からの感謝を、持ち続けて頂きたいと思います。

ただ、足許を見たときに、普通の生活が送れないこと、目指す学修や仕事が思うように進まないことに、焦る気持ちを持つこともおありでしょう。私も、若い方々との頻繁な意見交換など、昨年やっておきたかったことの多くが実現出来ない毎日に、気持ちが焦ることがありました。そんな時、今年が丑年であることもあって、夏目漱石が門下生であった芥川龍之介と久米正雄にあてた手紙の一節を思い出しました。「焦らず、深く考え、根気よく問題に対処する」ことに徹しようと心を励ましています。漱石は、次のように述べています。
「牛になることはどうしても必要です。我々はとかく馬になりたがるが、牛にはなかなかなり切れないです。???焦っては不可(いけま)せん。頭を悪くしてはいけません。根気づくでお出でなさい。???」
勿論、漱石は、今回のような大きな災禍に遭遇した際の心構えを説いている訳ではありませんが、とかく焦って急いでしまう私たちにとって、大切なものを見逃さないためにも必要な指針だと思っています。

私の学長としての新年のご挨拶は、今回が最後になります。約6年間の就任期間を顧みますと、とても忙しい日々ではありましたが、嬉しかったことや楽しかったことなど、様々なことが胸に去来します。学生さんたちや教職員の方々、同窓生の方々との交流は、とても楽しいものでした。また、この間に、執行部の皆さまのご尽力と教職員の皆さまのご協力、また、同窓生の方々を中心に本学を応援して下さる数多くの皆さまからの温かいご支援によって、教育?研究、国際交流、社会貢献、キャンパスの整備等において、顕著な成果を挙げることが出来ました。経営協議会の委員の皆さまや、学長特別顧問の方々から頂いた貴重なご意見は、この間の大学改革に大きな標とも力ともなりました。
また、大学と附属学校園のすべての構成員と、それぞれの同窓生の皆さまとの間で構築して参りました「オールお茶の水」体制は、学園の様々な課題を皆さまに一緒に考えて頂き、その解決に向けて共に努力して頂くことができる、とても素晴らしい体制となりました。すべての関係者の皆さまに、心から感謝申し上げますと共に、将来に向けて、お茶の水の大きな財産とも云えるこの体制の維持?発展に努めて下さることを強く願って居ります。
さらに、この体制は、この未曽有の危機をこれまでにないチャンスに変えることにも役立つと思っています。本学は、附属学校園とも協働して「多様性を包摂する女子大学と社会の創出」を目指して来ましたが、これからも、これは本学が取り組んで行くべき重要なビジョンであると思っています。そして、全ての構成員と関係者の皆さまお一人お一人が、このビジョンに誇りを持って取り組み、社会の多様な場に発信し、行動に結びつけて行くことが出来れば、それが人類社会の持続的発展のための本学の大きな貢献になると思っています。
お茶の水と人類社会の将来に向けて、皆さまの力強いご支援をお願い申し上げます。

2021年1月1日
室伏 きみ子