火博体育平台_火博体育官网登录_线上游戏平台~

图片

ページの本文です。

2020年度お茶の水女子大学賞授賞式(オンライン)を開催しました

2021年2月19日更新

 2月15日(月曜日)、お茶の水女子大学賞各賞(湯浅年子賞、黒田チカ賞、保井コノ賞、小泉郁子賞、辻村みちよ賞)の授賞式(オンライン)を行いました。
 湯浅年子賞は、優れた原子核の実験的研究を行い国際的に活躍した女性自然科学者湯浅年子博士を称えて設立された賞で、第8回湯浅年子賞(銀賞)は、菅野優美氏(九州大学理学研究院准教授)の「宇宙論研究の新領域の開拓」及び中浜優氏(名古屋大学素粒子宇宙起源研究所准教授)の「大型加速器実験における新粒子の探索」に贈られました。
 黒田チカ賞は、天然火博体育平台,火博体育官网登录の構造について長年にわたって優れた研究を行い女性化学者として活躍した黒田チカ博士を称えて自然科学関係の女性研究者に対する顕彰のために化学科の前田候子元教授からのご寄附を基に設立された賞で、第6回黒田チカ賞は、Nazifa FAQERYAR(ナジファ ファケルヤル)氏(フランス?アビニヨン大学招聘教授)の「アフガニスタンにおける植物の精油抽出に対するマイクロ波技術応用に関する研究」に贈られました。
 保井コノ賞は、日本の生物科学の黎明期から革新的な研究を展開するとともに本学及びその前身校において数多くの女子学生を育て日本初の女性理学博士となった保井コノ博士を称えて設立された賞で、第5回保井コノ賞は、原口徳子氏(大阪大学大学院生命機能研究科特任教授)の「生細胞蛍光イメージング技術の開発による細胞核の構築機構の解明に関する研究」及び佐藤あやの氏(岡山大学大学院ヘルスシステム統合科学研究科准教授)の「ゴルジンタンパク質によるゴルジ体形成とその周辺輸送制御の機序解明に関する研究」に贈られました。
 小泉郁子賞は、本学卒業後アメリカに留学し『男女共学論』を著すなどの社会的活動を通じて女性の権利向上を広く訴えるとともに日中教育文化交流に尽力し戦後は桜美林学園の創設発展に貢献した小泉郁子博士を称えて設立された賞で、第5回小泉郁子賞は、久木元美琴氏(専修大学文学部教授)の「保育?子育て支援の社会地理学」に贈られました。
 辻村みちよ賞は、本学卒業後数多くの女子学生を育て茶の成分について長年にわたって優れた研究を行い日本初の女性農学博士として活躍した辻村みちよ博士の功績を称えるため設立された賞で、今年度は該当者がありませんでした。
  授賞式では、各賞のゆかりの方、受賞者の関係者の方にもオンラインでご列席いただきました。室伏学長から賞状と副賞のメダル?盾が授与され、祝辞が述べられました。また、受賞者からも喜びの声、今後の研究に対する抱負などが述べられました。
 本学は今後もこれまでに築かれた歴史と伝統を基盤として、広い視野と豊かな感性をもって未来を担う女性たちの育成に取り組んで参ります。

授与式の様子1

授与式の様子2 授与式の様子3

関連リンク / Related Links

?お茶の水女子大学賞
?保井コノ賞
?辻村みちよ賞
?小泉郁子賞
?黒田チカ賞
?湯浅年子賞