火博体育平台_火博体育官网登录_线上游戏平台~

图片

ページの本文です。

【学長メッセージ】令和3(2021)年度3学期?後学期を迎えるに当たって

2021年9月22日更新

お茶の水女子大学長 佐々木泰子

全学ご関係者の皆様へ

 火博体育平台,火博体育官网登录感染状況については、ここ3週間ほど新規感染者の減少傾向を見せておりますが、東京都の重症者数は依然として高い水準であり、強い感染力を持つ変異株(デルタ株)の流行がこどもや若者の感染を増やし、入院できず自宅で療養する方や亡くなる方が増えるなど、医療提供体制のひっぱくを長引かせています。また、第5波が、今いったん収まりを見せたとしても、次の波は前回を大きく上回る可能性があることが指摘されており、9月いっぱいで緊急事態宣言が解除されると、東京都の新規感染者数は11月~12月には「1日1万人」を超えるとの試算も報告されています。さらに新たな変異株の流行も予想されており、今後、気温低下と乾燥によるウイルス感染拡大の環境となる冬の到来に向けて、依然として予断を許さない状況であることに変わりありません。

 一方で、ワクチン接種が社会全体で進んだことに加えて、「医療関連のニュースを聞いて自主的に行動を制限する」「不織布マスクの常時着用」など、リスク回避行動を多くの人がとったことが、結果的に感染者数の減少につながっていると考えられることから、今後の感染拡大の見通しは、やはり皆様一人ひとりの意識と行動にかかっていると言っても過言ではありません。

 本学では、教職員、学生の皆様へのワクチン接種の機会を設けて参りました。もちろん、ワクチン接種は、強制されるものではありませんし、接種の有無によって異なる対応がとられることはありません。しかし、学内感染などに対する感染拡大の防止効果や重症化を防ぐことは間違いのないところですので、できるだけ多くの学生、教職員等が接種を受けることが重要であると考えています。けれども、ワクチン接種だけでは感染する可能性、感染させる可能性がなくなるわけではありませんので、あらためて、後学期授業開始を前に、各人の感染防止策の徹底をお願い申し上げます。

 各々が「自分の命を、愛する人の命を守る」という気持ちを緩めることなく、不織布マスク着用、黙食、手洗い、アルコール消毒、3密回避、うがい等の基本的な感染防止策を継続してください。お茶の水女子大学の一員としての自覚を持ち、リスクの高い行動は避け、責任ある行動を心掛けていただくようお願いいたします。私どもも、日々変化する感染状況を確認しながら、学生生活を全力でサポートして参りますので、皆様のご理解ご協力をよろしくお願い申し上げます。

令和3(2021)年度3学期?後学期の大学授業の基本方針

 お茶の水女子大学では、令和3(2021)年度3学期?後学期の大学授業の基本方針を、当面の間、「火博体育平台,火博体育官网登录感染拡大防止のための活動ガイドライン」におけるレベル「2」(「基本オンライン」+「実験?実習?実技科目のうち対面で実施する必要があるもののみ対面授業」)とします。

 ただし、大学としては感染状況等を逐次モニターしつつ、可能な場合は、対面授業を増やして参りたいと考えております。3学期?後学期授業の開始後も、国や東京都からの要請を考慮するとともに、社会における感染状況の分析を行い、授業実施方針を速やかに判断し、学修機会の確保に努めて参ります。

 ※自身または同居する家族が発熱、あるいは感染を思わせる症状が生じた際は、火博体育平台,火博体育官网登录感染防止対策室(お茶の水女子大学)に連絡してください。
(E-mail : corona-taisaku(アット)cc.ocha.ac.jp)